注目

スナゴケの日記を始めました。

これは投稿の抜粋です。

広告

スナゴケの使い方や管理方法など、スナゴケに関する情報を発信して行きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

【スナゴケ栽培by兵庫県加西市】

兵庫県加西市でスナゴケ栽培をしている様子です。今日も行ってきたのですが、少しずつ面積を増やしています。ところで、茶色い箇所が目立ちますが、やはり除草剤を撒いたのが影響しているようです。除草剤の取説を読むと6か月効果があるらしいです。除草剤はコケには効かないと聞いていますが、今回使ってみて、死にはしないが色や姿で普段と違う状態になることがわかりました。コケ自体は死んでおりませんので、5月以降の復活を期待しています。DSC_0051

スナゴケが枯れた色をしています。でも死んでいません。

兵庫県加西市で行っているスナゴケ栽培で、一部が茶色っぽくなっています。なぜだろうと考えると昨年の11月頃に雑草を駆除するため除草剤を蒔きました。おそらくそのため起きたのだと考えています。ただし、枯れた色をしているだけで、スナゴケ自体は死んでいません。一般的に除草剤はコケには効果がないと言われています。今後、通常の色(黄緑色)に回復すれば、それが立証できます。

DSC_0027

傾斜屋根のスナゴケ緑化

今日(1月26日)、民間家屋の傾斜屋根に設置してあるスナゴケの状態を確認してきました。場所は兵庫県明石市です。設置年月は2016年7月頃ですので、2年半経過しています。観察に行った時間が15時頃であったため、葉が閉じた乾燥状態でしたが、問題はありませんでした。これまでの経験から平坦な場所より傾斜した場所の方が状態が良いようです。理由は水はけが良いからです。コケと言えば、常に水を与えなければいけないと想像されると思いますが、実際はそうではありません。特にスナゴケがそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スナゴケの栽培と管理

今日、兵庫県加西市で行っているスナゴケの栽培状況を見てきました。少しずつ面積を増やしてきましたが、コケの栽培はとにかく時間がかかります。1年かけても希望の状態にできない時が多々あります。失敗かなと思っても、月日がたつとうまく育っている場合もあります。スナゴケの栽培と管理は根気と一喜一憂しないことが重要です。DSC_0006

 

【スナゴケを育てるのは時間がかかります】

2017年秋から特殊なネットの上で種苗から育てているスナゴケです。1年かけてもあと一息の状態です。雨の多い場所であればもう少し早く育つと思いますが、とにかくスナゴケ栽培・育成には時間がかかります。出来上がれば、壁面緑化などに使用できます。OLYMPUS DIGITAL CAMERA